レーシック後に夜間運転ができなくなった方へ 専用メガネのススメ

レーシック 夜間運転用 メガネライフハック
この記事は約8分で読めます。

近視の人の世界を劇的に変える手段として、レーシック手術がある。

レーシックとは角膜をレーザーで削ることで近視を矯正する方法で、日本では年間数十万人が手術を受けている状況。

かくいう私も、大学卒業後に海外へ赴任することが決まったことから、一大決心してレーシック手術を行った人間の1人だ。

あれから10年たった今でも、レーシック手術を受けてよかったと心から思っている。

裸眼で生活できる喜びは、メガネ、コンタクト生活を送っている人にとっては別世界の話。文字通り世界が変わる。

でも、実は1つだけ後遺症が残っている。それは『ハロー・グレア』

■ハロー・グレアとは?

暗い場所で強い光源を見た際、通常の眼内レンズに比べて光が長く伸びて見えたり、光の周辺が輪がかかったように散乱して見える現象です。

引用:サトウ眼科 グレア・ハロー

要するに、暗闇で光が人1倍眩しく感じてしまう現象。

これによって、夜間の車運転ができなくなった。

1. レーシック後に夜間運転ができなくなった方へ 〜専用メガネのススメ〜

レーシック 夜間運転用 メガネ

私の場合は幸い、夜間運転をしなくても生活に大きな支障はない。車は持っているが、夜に運転しないように時間を気にしながら利用している。

そんな状態で10年ほど過ごしていたところ、ふと何気なくネットサーフィンをしていたら『夜間専用メガネ』なるものの存在を知った。

これは、常夜灯、対向車のヘッドライトの眩しさを軽減してくれる代物で、一般的に出回っている商品らしい。

さらに調べていくと、レーシック専用の夜間運転用眼鏡を売っている業者をいくつか発見した。

要チェックや!スラムダンクの彦一なら必ずこう言うだろう。私も思わず叫んだ。

もしかして、ハロー・グレア持ちでも夜間運転が出来るようになるのか?

残念ながら私は現在海外在住で、これらのメガネを試すことはまだ出来ない。

でも調べてみた。それを私と同じ悩みを抱えている人に共有しておく(買ったら是非感想を教えてほしい!)。

前提1:Amazonや楽天での購入はオススメしない

Amazonとかをみると、3千円程度の夜間専用メガネが売っている。

ダメ元で試すのもありだが、やはりベターなのはお店を構えているメガネ業者へあたることだろう。ハロー・グレアには個人差があるため、事前に商品を確認した上で自分に適したメガネを使うことをオススメする。

前提2:夜間運転にはJIS規格に従った濃さのメガネを使用しなくてはいけない

購入前にチェックが必要なのが、夜間運転用メガネがJIS規格に従っているかどうか。

JIS規格とは、日本工業規格のこと。そのJIS規格によると、視感透過率75%未満のレンズを夜間運転に利用することは禁じられている。

簡単に言うと、視界が暗くなりすぎるサングラスを着けて夜間運転してはいけません。ということだ。

購入前には、視感透過率75%以上のメガネを買う必要がある。そのことは覚えておこう。

2. オススメ夜間運転メガネ

夜間運転用 メガネ レーシック
klimkinによるPixabayからの画像

(1)Neo Contrast

株式会社イトーレンズの商品『Neo Contrast』は、眩しさを最大限抑えるレンズとして人気の商品だ。

特定波長を抑制する特殊塗料をレンズに練りこむことにより、最も眩しさを感じる580㎚付近の波長をピンポイントでカット。色彩感を向上させつつ、眩しさを最大限に抑えることができます。

ネオコントラストは視認性とコントラスト感度を維持しながら防眩性を確立したレンズです。光の波長をコントロールすることでチラつきを抑え、クリアな視界を提供します。

引用:Glass TIME SHIBATA

商品写真をみると、デザインがずば抜けてかっこいい!

ネオコントラスト 夜間運転用 メガネ
引用:Glass TIME SHIBATA

調べてみると、サングラスで有名な『レイバン』もNeo Contrastのレンズを使った夜間運転用メガネを販売している(記事の最後に商品リンクあり)。

気になるお値段は

・度なし:12,000〜27,000円 ※税抜

・度あり:20,000〜55,000円 ※税抜

と値幅が結構あった。傷がつきにくいタイプはその分金額が高い。

全国のメガネ販売店に卸しているので、下記ショップリストからあなたの家から近い販売店へ見に行ってはいかがだろうか。

機能レンズ取扱店舗一覧
「メガネ・眼鏡レンズのイトーレンズ」の商品が購入できる販売店リストです。ネッツペックコート(疲れ目予防)、ネオコントラスト(まぶしさ防止)、ペイル(薄い偏光レンズ)をご希望の方はこちらの店舗にてお求め下さい。

(2)メガネの賞月堂

愛知・岐阜を拠点に持つ『メガネの賞月堂』でも、レーシック専用メガネを取り扱っている。

メガネの賞月堂一宮店/レーシック専用レンズ|レーシック専用レンズ|
レーシック患者さま専用のレンズができました!ハロ・グレアでお悩みのお客様必見です。

賞月堂メガネの特徴は2点。

1)偏光による光の反射サポート

偏光レンズによって眩しい光をカットし、クリアな視線を保つことが可能

2)ネッツペックコートによる光量調節サポート

ネッツペックコートという特殊コーティングを施すことで、光の眩しさを軽減しつつ眼精疲労も抑えている

レーシック専用レンズを購入する際は、専門のスタッフが対応してくれるようだ(有料)。

気になる値段は28,000〜38,000円(税込)。若干値は張るが、専門スタッフと相談の上自分に適した運転メガネを入手できるので、お店に行ってみる価値はある。

まとめ

・レーシック手術後、ハロー・グレア現象で夜間運転ができなくなった人は、夜間運転用メガネをお試しあれ

・Amazonや楽天で安物も売っているが、ハロー・グレアには個人差があるため、事前に商品を確認した上で自分に適したメガネを買おう

ディノ
ディノ

実際の利用者や同じ悩みを抱えた方からのコメントを心待ちにしてるよ!!

今回の記事はここまで。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント