Macのボイスメモの保存場所とオススメ設定がすぐわかる!!

ボイスメモ Mac 保存場所ライフハック
この記事は約2分で読めます。
ボイスメモ Mac 保存場所

Macのボイスメモ、気軽に音声録音が出来てとっても便利ですが、保存先がわからない人もいると思います。

今回はその保存先がどこにあるのかを説明し、次から探す手間を省くオススメ設定を紹介します。

Macのボイスメモの保存場所

普通に探しても見つからない「ライブラリ」フォルダにありました!

表示方法は以下のとおり。

  1. Finderを開き、ツールバーにある「移動」を選択
  2. キーボードの「Option」キーを押すと、非表示だった「ライブラリ」が表示されるのでクリック
  3. 「ライブラリ」フォルダ内の「Application Support」フォルダ→「com.apple.voicememos」フォルダを選択
  4. 「com.apple.voicememos」フォルダの中にある「Recordings」フォルダに録音データが入ってます

どうでしょう?

頭で考えて探すのは難しいですが、上の手順に従えば録音データが見つかります。

録音データのファイル区別がつきにくい・・・

ちょっとした愚痴です。

録音データのファイル名が『年月日+時間+数字』と保存されているので、パッと見では何の音声が収録されているのかわかりません。

音声データを整理しておきたい人は、後でファイル名を変更したほうがいいです。

録音データフォルダの「エイリアス」を作れば次から簡単アクセス可能♪

録音データの探し方はわかった。でも、毎回保存場所まで行くのは面倒ですよね。手順を忘れて毎回Google検索するのも時間がもったいない。

ということで、エイリアス(ショートカット)を作りましょう。

作り方は簡単。

  1. 録音データの保存場所「Recordings」フォルダを右クリックし『エイリアスを作成』を選択
  2. 作成したエイリアスをわかりやすい場所(ミュージックフォルダの中とか)へ移動

こうすれば、2回目からはエイリアスを使って録音データへすぐアクセスできます。

まとめ

【Macのボイスメモの保存場所】
1)Finderを開き、ツールバーにある「移動」を選択
2)キーボードの「Option」キーを押すと、非表示だった「ライブラリ」が表示されるのでクリック
3)「ライブラリ」フォルダ内の「Application Support」フォルダ→「com.apple.voicememos」フォルダを選択
4)「com.apple.voicememos」フォルダの中にある「Recordings」フォルダに録音データが入ってます


【オススメ設定】
「Recordings」フォルダのエイリアスを作成し、すぐアクセスできる場所へ移動・配置する

以上です。

この情報があなたの参考になれば幸いです♪

コメント