【最新】書評で最も稼げる!?ブックレコメンドが寄稿者募集中

書評 稼ぐ ライターライフハック
この記事は約5分で読めます。
ディノ
ディノ

な・・・なんじゃこりゃ〜〜!!!

ディノさんどうしたんですか?大量に隕石でも落ちてきましたか?

ディノ
ディノ

ば・・ばかっ!!それは恐竜が絶滅した時のことだろうが!

ディノ
ディノ

とんでもない書評サイトが立ち上がっているのを発見してさ、驚いているんだよ!

本好きには好条件過ぎる書評寄稿仕事かもしれない。

今回はそのサイトを紹介してみるね♪

今回の記事を読むと次の2点が期待できる。

・最高に割のいい(?)書評サイトの寄稿者へなる方法がわかる

・書評サイト『ブックレコメンド』がどんなサイトか分析付きでわかる

それではレッツゴー!

1.書評で最も稼げる!?ブックレコメンドが寄稿者募集中

書評 稼ぐ ライター

ブックレコメンドは『AIに負けない、面白い着眼点で次に読む本を紹介していきたい』というコンセプトから作られた書評サイトだ。

ブックレコメンド
読書好きによる書籍紹介サイト。本を1冊読んだ後、次に読む本を紹介するウェブメディアです。

どういった書評形式かは、サイト内の『寄稿者募集』ページで説明されている。

記事の典型的な例は、以下のようになります。(次に読む本を紹介する、という形であれば、パターンは問いません。)

・本を2冊選ぶ(AとB)

・本Aのあらすじを紹介する

・次に読む本として本Bを紹介する

・本Bのあらすじをを紹介する

・本Aと本Bの繋がり、選定理由を書く

寄稿いただくと、記事の最後に寄稿者プロフィール、寄稿者のブログへのリンクを掲載いたします。

引用:ブックレコメンド 寄稿者募集

イメージが沸いただろうか?

沸かない人は、実際に寄稿者が投稿した書評を確認してみてほしい。

チーズはどこへ消えた?(スペンサー・ジョンソン)の次に読む本
あらすじ いま社会で活躍するインフルエンサーたち。その人たちがオススメする本にランクインする「チーズはどこへ消…

うん、つまりだ。ものすごく簡単に言うと

・本2冊のあらすじを書いて、その2冊の繋がりを書く

これだけ。・・・・・・・・・え!?これだけ!?

ディノ
ディノ

あらすじ書くだけでいいのか!?投稿例見ると1記事500文字程度しか文量ないんだけど・・・。

肝心の原稿料は?

そんなブックレコメンドへの書評投稿、気になる原稿料はなんと・・・

・文芸作品:1,000円/記事

・その他(ビジネス書等):500円/記事

という好条件。1記事30分で書けたなら、文芸作品で時給2,000円の稼ぎが可能だ。

ちなみに文芸作品の方が報酬の高い理由は、商品寿命が長いからだそう。

さらに

・商業出版経験者へは、+2,000円の原稿料が追加される

・月間アクセス1万PV以上の記事を書けば、当月と翌月の原稿料に+2,000円追加報酬

という特典も盛り込まれている。

寄稿者募集ページは右の画像から

寄稿者申請方法

寄稿者申請をする場合は、寄稿者募集ページの下にある『申し込みフォームを表示する』をクリックする。

すると、下記のような記入項目が表示される。

・名前

・ニックネーム

・メールアドレス

・得意なジャンル

・プロフィール

・寄稿記事の案3つ

・執筆した書籍等

・ブログURL

これに記入した後『申し込む』ボタンを押せば申請完了。後は、先方からの返答を待つだけだ。

うまい話には裏がある?

条件だけ見るとかなりの好条件に思えるが、冷静に分析してみよう。

なぜここまで条件がいいのか?

ディノ
ディノ

考えられることは5つ。

  1. サービスを開始したばかりなため、ライターを積極的に募集している
  2. 運営者の無知から来る報酬設定
  3. 雇うライター人数が限られている
  4. 投稿できる記事数が限られている
  5. ただの怪しいサイト

個人的には1−4の組み合わせ、または5単体と推測している。

まぁでも、ライター申請してもメアド知らせる程度なので、捨てアカウントのメールアドレスを使って申請してみるのもアリかもしれない。

ディノ
ディノ

本好きの私としては試す価値ありそう・・・よし、一度申請してみるか!!

ということで、一度自分で申請してみようと思う。結果は本記事に追記していく。

2.書評の書き方がわからない・・・そんな人でも大丈夫!

参考までに、本を読むのは好きだけど書評が書けるか不安、そんな人へ次の記事を紹介したい。

書評の書き方を徹底解説!テンプレートの活用で誰でも簡単に【初心者向け】 | 26歳で読書を始めたら人生が変わった!
書評の書き方を詳しく解説します。170記事以上の書評を更新してきた経験から、誰でも「早く」「質の高い」「効果的な」書評を書く方法を見つけました。テンプレートとして紹介していますので、すぐに活用することができます。書評を書きたいと思っている方、必見です!!

書評ブロガーのモリゴッド氏が、初心者向けに書評の書き方を解説。

3回ぐらい読み返せば、すぐに書評が書けるようになるだろう。

記事の最後に『書評テンプレート』が付いている。この流れに沿って書いていけば、書評っぽい書評が素人にも書けると思う。

ディノ
ディノ

型に従って何度も書いていけば、文章の質のレベルアップも早いよ♪

これであなたも『ブックレコメンド』の寄稿者になれる!

寄稿者募集ページは右の画像から

まとめ

最近できた書評サイト『ブックレコメンド』を考察すると

・サービス開始直後という理由で、ライターを好条件で募集している可能性あり

・時給2,000円も可能な好条件。が、本当に稼げるかはやってみないとわからない→ディノがチャレンジしてみる

こんな感じかな。面白いと思った人はチャレンジしてみてね。

ではディノさん、実際に稼げたら教えて下さいね♪

ディノ
ディノ

私を特攻隊員にさせるつもりか!まぁ、試してみるよ。

ディノ
ディノ

今回は以上。最後まで読んでくれてありがとね♪

コメント