バーチャルオフィス 東京

広告 フリーランス

東京で起業するならバーチャルオフィスが最適|一等地の住所を格安で手に入れる方法

東京は日本の経済と文化の中心地であり、ビジネスチャンスに満ちています。

しかし、オフィススペースの確保は費用がかかり、スタートアップや個人事業主にとって大きな障壁となります。

そこで注目されているのが、バーチャルオフィスサービスです。本記事では、東京で人気のバーチャルオフィスについて、さまざまな角度から詳しく解説します。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィス 東京

バーチャルオフィスとは、実際のオフィススペースを持たずに、企業の本拠地としての住所や電話番号などを提供するサービスです。

物理的なオフィススペースを借りるよりもコストを大幅に抑えられ、起業家やフリーランスに適しています。

メリット

バーチャルオフィスを利用するメリットは多岐にわたります。

まず、一等地の住所を利用できることで、企業の信頼性が高まります。

自宅住所を公開する必要がない点も魅力的。個人のプライバシーを守れます。

宅配物の受け取りや電話の転送なども可能。まるでオフィスが実在するかのようなサービスが受けられます。

初期費用も抑えられるのがバーチャルオフィスの大きな利点です。

オフィススペースを借りる場合はデポジットや内装費用など多額の初期投資が必要ですが、バーチャルオフィスであればそうした心配はありません。

月額料金も数百円〜数千円程度とリーズナブルな場合が多いため、経費を大幅に抑えられます。

サービス内容

バーチャルオフィスが提供するサービスには、主に以下のようなものがあります。

  • 一等地の住所の利用
  • 宅配物の受け取りと転送
  • 専用電話番号の提供と電話の転送
  • オペレーターによる電話応対
  • 法人登記や口座開設のサポート
  • 会議室やコワーキングスペースの利用

これらのサービスを組み合わせることで、まるで実際にオフィスがあるかのような環境を実現できます。

利用者のニーズに合わせて、必要なサービスを選択することができるのがバーチャルオフィスの魅力です。

東京のバーチャルオフィスを比較

バーチャルオフィス 比較

東京都内には、複数のバーチャルオフィスサービスが存在します。

ここでは、主要なサービスを比較し、特徴や料金体系などを紹介します。

サービス名初期費用月額料金法人登記オフィス住所地
NAWABARI5,500円・ネットショップ運営プラン:1,100円
・ビジネスプラン:1,650円
・海外プラン:3,000円

※「ネットショップ運営プラン」以外は可能
目黒
レゾナンス5,500円・バーチャルオフィスコース:990円〜
・バーチャルオフィス+転送電話セットコース:3,190円〜
・バーチャルオフィス+電話秘書代行セットコース:5,390円〜
浜松町、青山、銀座、日本橋、渋谷、恵比寿、新宿、秋葉原、横浜
GMOオフィスサポートなし・転送なしプラン:660円
・月1転送プラン:1,650円
・隔週転送プラン:2,200円
・週1転送プラン:2,750円

※「転送なしプラン」以外は可能
渋谷、恵比寿、新宿、銀座、青山、目黒、秋葉原、横浜、名古屋、梅田、心斎橋、京都、神戸、博多、天神
DMMバーチャルオフィス保証金:5,500円
入会金:5,500円
・ネットショップ支援プラン:660円〜
・ライトプラン:1,650円〜
・ビジネスプラン:2,530円〜

※「ネットショップ支援プラン」以外は可能
銀座、渋谷、横浜、大阪梅田、福岡天神、名古屋

NAWABARI

出典:NAWABARI公式HP

NAWABARIは、月額1,100円からと業界最安値水準の料金設定が特徴的なバーチャルオフィスです。

会員ページや03電話番号の貸出、法人登記や銀行口座開設のサポートなど、充実したサービスが提供されています。

また、運営元がプライバシーマークを取得している企業であるため、個人情報の取り扱いも安心です。

初期費用無料キャンペーンや最大3.5万円のキャッシュバックキャンペーンも実施中(2024年6月6日時点)。お得に利用できます。

海外の住所を使える「海外プラン」も用意されているので、海外での事業展開を検討している人にもおすすめです。

運営会社株式会社Lucci
オフィス住所地目黒
初期費用(税込)5,500円
月額料金(税込)・ネットショップ運営プラン:1,100円
・ビジネスプラン:1,650円
・海外プラン:3,000円
法人登記
※「ネットショップ運営プラン」以外は可能
クーポン・キャンペーン情報・初期費用無料キャンペーン(〜2024年7月31日まで)
・freeeのサービス利用で最大3.5万円のキャッシュバック(〜2024年6月30日まで)
公式サイト公式HP
参照:NAQABARI公式HP

\ネットショップ運営者におすすめ/

NAWABARIの詳細をチェックする

レゾナンス

出典:レゾナンス公式HP

レゾナンスは、月額990円(税込)から利用可能。法人登記や郵便転送サービスも業界最安値レベルで提供しています。

サービス満足度が98.2%と高評価を得ており、利用者数も2万人を超えるトップクラスのバーチャルオフィスです。

東京都内には新宿、青山、日本橋、恵比寿などの拠点があり、立地の良さも魅力的です。

紹介コード「Tcy-D」を入力すれば入会金が1,000円割引になるため、お得に利用開始できます。

運営会社株式会社ゼニス
オフィス住所地浜松町、青山、銀座、日本橋、渋谷、恵比寿、新宿、秋葉原、横浜
初期費用(税込)5,500円
月額料金(税込)・バーチャルオフィスコース:990円〜
・バーチャルオフィス+転送電話セットコース:3,190円〜
・バーチャルオフィス+電話秘書代行セットコース:5,390円〜
法人登記
クーポン・キャンペーン情報紹介コード「Tcy-D」を申込時に入力するだけで入会金1,000円オフ!
※年間契約が対象
公式サイト公式HP
参照:レゾナンス公式HP

\一等地のバーチャルオフィス/

レゾナンスの詳細をチェックする

DMMバーチャルオフィス

出典:DMMバーチャルオフィス公式HP

DMMバーチャルオフィスは、渋谷、銀座、横浜などの一等地に拠点を構えるバーチャルオフィスサービスです。

月額660円から利用でき、コストパフォーマンスの高さが魅力です。

法人登記のサポートや郵便物の受取・転送、着信電話の自動転送といった、ビジネス運営に必要な機能が充実。

法人登記をスムーズに進めるためのサポートが充実している点は、これから法人を立ち上げる人にとって嬉しいポイントといえます。

また、DMMバーチャルオフィスは法人口座の開設実績も豊富です。みずほ銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンクでの開設実績があるため、信頼性の高いサービスといえるでしょう。

運営会社合同会社DMM.com
オフィス住所地銀座、渋谷、横浜、大阪梅田、福岡天神、名古屋
初期費用(税要確認)保証金:5,500円
入会金:5,500円
月額料金(税要確認)・ネットショップ支援プラン:660円〜
・ライトプラン:1,650円〜
・ビジネスプラン:2,530円〜
法人登記
※「ネットショップ支援プラン」以外は可能
クーポン・キャンペーン情報要確認
公式サイト公式HP
参照:DMMバーチャルオフィス公式HP

GMOオフィスサポート

出典:GMOオフィスサポート公式HP

GMOオフィスサポートは、GMOインターネットグループが運営するバーチャルオフィスサービスです。

料金は月額660円からとリーズナブルです。

特徴としては、郵送物の転送料が月額料金に含まれているプランがあることが挙げられます。

郵便物の転送料が別途かかるサービスが多い中、こうした料金体系は魅力的です。法人登記や口座開設のサポートも提供しています。

運営会社GMOオフィスサポート株式会社
オフィス住所地【東京】渋谷、恵比寿、新宿、銀座、青山、目黒、秋葉原
【関東】横浜
【東海】名古屋
【関西】梅田、心斎橋、京都、神戸
【九州】博多、天神
初期費用なし
月額料金(税要確認)・転送なしプラン:660円
・月1転送プラン:1,650円
・隔週転送プラン:2,200円
・週1転送プラン:2,750円
法人登記
※「転送なしプラン」以外は可能
クーポン・キャンペーン情報・初年度基本料金3ヶ月分無料プログラム(終了日未定)
公式サイト公式HP
参照:GMOオフィスサポート公式HP

バーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィス 選び方

東京都内には様々なバーチャルオフィスサービスがあり、選択肢は豊富です。

ここでは、バーチャルオフィスを選ぶ際のポイントを解説します。

立地とアクセス

都心の一等地に拠点を構えることで、企業のブランドイメージが向上します。

渋谷や銀座、新宿といった一等地は、企業イメージを高めるのに最適なロケーションです。

これらのエリアは交通の利便性が高く、クライアントやパートナーとのアクセスが容易。ビジネスチャンスをスムーズに広げられます。

貸会議室の利用や郵送荷物の受け取りなどでオフィスを訪問する可能性もあるため、自宅からのアクセスも考慮するとよいでしょう。

料金プランと内容

バーチャルオフィスを選ぶ際、料金プランとその内容を慎重に検討することが、費用対効果を最大化するための重要なポイントです。

バーチャルオフィスの料金プランは、月額費用や提供されるサービス内容によって大きく異なります。

特に、法人登記や郵便物の転送、電話の自動転送といった基本的なサービスの有無やコストを比較することで、自分のビジネスに最適なプランを見つけることが可能です。

運営会社の信頼性

運営会社の信頼性は、バーチャルオフィスのサービス品質や継続性に直結します。

信頼性の低い運営会社を選んでしまうと、突然のサービス終了やトラブルの発生リスクが高まり、ビジネスに大きな影響を与える可能性があるため注意しましょう。

例として、大手企業グループが運営するGMOオフィスサポートやDMMバーチャルオフィスなどは、大手ならではの安心感があります。

また、運営実績も要チェック。長年バーチャルオフィスに取り組んでいる業者や導入実績の豊富な業者を選ぶよう心がけましょう。

まとめ

バーチャルオフィス まとめ

バーチャルオフィスは、起業家やフリーランス、個人事業主にとって魅力的なサービスです。

東京の一等地の住所を利用でき、オフィススペースを借りる必要がないため、コストを大幅に抑えられます。

東京都内には、様々なバーチャルオフィスサービスが存在。利用の際は、立地やサービス内容、料金プランなどを比較し、自分のニーズに合ったサービスを見つけることが重要です。

また、運営会社の信頼性も確認しておくと安心です。

東京で起業やフリーランスを始める際には、バーチャルオフィスの利用を検討してみましょう。

よくある質問

バーチャルオフィスとは何ですか?

バーチャルオフィスとは、実際のオフィススペースを持たずに、企業の本拠地としての住所や電話番号などを提供するサービスです。

物理的なオフィススペースを借りる必要がないことから、コストを抑えたい起業家やフリーランスに適しています。

バーチャルオフィスのメリットは?

一等地の住所を利用できることで企業の信頼性が高まり、自宅住所を公開する必要がなくプライバシーを守れる点がメリットの1つです。

また、初期費用を抑えられ、月額料金もリーズナブルなのが魅力といえます。

バーチャルオフィスのサービス内容が知りたい

バーチャルオフィスが提供するサービスには、一等地の住所の利用、宅配物の受け取りと転送、専用電話番号の提供と電話の転送、オペレーターによる電話応対、法人登記や口座開設のサポート、会議室やコワーキングスペースの利用などがあります。

東京でバーチャルオフィスを選ぶ際のポイントは?

東京でバーチャルオフィスを選ぶ際は、立地とアクセスの良さ、料金プランと提供されるサービス内容、運営会社の信頼性が重要なポイントです。

一等地の住所を持つサービスや必要なサービスが含まれた料金プラン、信頼性の高い運営会社を選ぶことが大切です。

-フリーランス
-, , , , , , , , , , , , , ,